2. 日本文学

2. 日本文学

書評:井伏鱒二『黒い雨』

原爆文学の記念碑的作品
2. 日本文学

書評:夏目漱石『草枕』

磊落と隠逸のアンビバレントな魅力を携えた女性の美しさの本質とは?
2. 日本文学

書評:森鴎外『青年』

青年期のロゴスとパトスに揺蕩う葛藤に見る「青年らしさ」とは?
2. 日本文学

書評:吉川英治『私本太平記」

足利尊氏と楠木正成が織り成す壮大な人間ドラマ
2. 日本文学

書評:夏目漱石『行人』

「死ぬか、気が違うか、それでなければ宗教に入るか」・・・。生きる意味を問い続けなければならなかった青年の顛末とは?
2. 日本文学

書評:中上健次『鳳仙花』

中上が女性を主人公とした際の繊細さ・儚さが際立つ作品
2. 日本文学

書評:中上健次『地の果て 至上の時』

『岬』、『枯木灘』に続く、時間と空間が万力によってギシギシと圧縮されるような世界観
2. 日本文学

書評:中上健次『枯木灘』

南紀特有の地縁的・血縁的な因習の中で生きる男の鬱積した感情とは?
2. 日本文学

書評:吉本ばなな『TUGUMI』

温かくも淡く儚い思い出をそっと宝箱にしまうような作品
2. 日本文学

書評:有島武郎『小さき者へ・生まれ出ずる悩み』

苦難に満ちるも、強く温かい家族への愛
タイトルとURLをコピーしました