7. 文芸評論

7. 文芸評論

書評:鈴木道彦『マルセル・プルーストの誕生』

プルーストにおける徹底した自己表現とその普遍化
7. 文芸評論

書評:山城むつみ『ドストエフスキー』

「ラズノグラーシエ」という概念で読み解く山城むつみのドストエフスキー論
7. 文芸評論

書評:亀山郁夫『「カラマーゾフの兄弟」の続編を空想する』

現代日本を代表するドストエフスキー研究者が思い描いた『カラマーゾフの兄弟』のその後とは?
7. 文芸評論

書評:中村健之介『ドストエフスキー人物辞典』

ドストエフスキー読書における最適な指南書
7. 文芸評論

書評:鹿島徹『埴谷雄高と存在論-自同律の不快・虚体・存在の革命-』

埴谷雄高『死霊』に見られる存在の意味の変遷とは?
7. 文芸評論

書評:亀山郁夫『「悪霊」神になりたかった男』

ドストエフスキー『悪霊』のスタヴローギンとは何者か?その「告白」の正体とは?
7. 文芸評論

書評:埴谷雄高『ドストエフスキイ-その生涯と作品』

稀代の形而上小説の作者はドストエフスキーをどう読んだのか?
7. 文芸評論

書評:ミハイル・バフチン『ドストエフスキーの詩学』

バフチンがドストエフスキー文学に見た「ポリフォニー」と「カーニヴァル」とは?
7. 文芸評論

書評:清水正『ウラ読みドストエフスキー』

想像力たっぷりに読み解くドストエフスキー論
タイトルとURLをコピーしました