3. 海外文学

3. 海外文学

書評:ミラン・クンデラ『存在の耐えられない軽さ』

人生における重さと軽さの本質的同根性
3. 海外文学

書評:シェイクスピア『ロミオとジュリエット』

運命に抗うことができない2人の純愛悲劇
3. 海外文学

書評:マルセル・プルースト『失われた時を求めて』

文字通り「自分自身」の内なる宇宙を旅する体験となる、プルースト文学の耽読
3. 海外文学

書評:サルトル『嘔吐』

概念から常に余剰し続ける実存がもたらす根本気分とは?
3. 海外文学

書評:マシャード・デ・アシス『ドン・カズムーロ』

「猜疑」のみを起因に転落していく人生の恐ろしさ
3. 海外文学

書評:ジョージ・オーウェル『動物農場』

革命後の新体制とは誰の手にあるのか?
3. 海外文学

書評:シェイクスピア『オセロー』

シェイクスピアが描いた「猜疑」の毒性とは?
3. 海外文学

書評:シェイクスピア『リア王』

シェイクスピアに見る人間の醜悪性による悲劇
3. 海外文学

書評:トルストイ『復活』

ロシアの大文豪トルストイが見た人類史的アポリアと、そこに挑むための要件とは?
3. 海外文学

書評:ジェーン・オースティン『高慢と偏見』

イギリス文学上の高慢な女性が携えた魅力とは?
タイトルとURLをコピーしました