3. 海外文学

3. 海外文学

カフカ 『城』

※ 画像をクリックするとAmazonの商品ページに遷移します 私が最も好きなカフカの作品である。こう言えば如何にも奇を衒ったように聞こえるだろうか。正直私もそう思う。 『変身』などよりはるかに奇妙な作品である。人によ...
3. 海外文学

カフカ 『変身』

※ 画像をクリックするとAmazonの商品ページに遷移します カフカでおそらく最も有名で、最も読まれているであろう作品。 ある朝主人公が目覚めると、虫の姿になっているという、一見奇妙なプロット。何故か一旦は家族に受け...
3. 海外文学

デュマ・フィス 『椿姫』

※ 画像をクリックするとAmazonの商品ページに遷移します アレクサンドル・デュマの私生児であるデュマ・フィス(所謂小デュマ)の作品。 青年アルマンと娼婦マルグリットの清廉で且つ悲しい恋物語である。第デュマの痛快な...
3. 海外文学

アレクサンドル・デュマ 『モンテ・クリスト伯』

※ 画像をクリックするとAmazonの商品ページに遷移します 邦題『巌窟王』としても知られる、アレクサンドル・デュマ(所謂大デュマ)の代表作品。 姦計により投獄されたエドモン・ダンテスが、20数年ののち脱獄に成功し、...
3. 海外文学

ドストエフスキー 『虐げられた人びと』

※ 画像をクリックするとAmazonの商品ページに遷移します ドストエフスキーによる中編の恋愛作品。 ドストエフスキーの特徴である精緻な心理描写、就中、葛藤の描写が非常に巧みながら、それでいて恋愛問題がプロットという...
3. 海外文学

ドストエフスキー 『死の家の記録』

※ 画像をクリックするとAmazonの商品ページに遷移します ドストエフスキー自身の獄中体験記とも言い得る作品。 妻殺しの罪により服役中のゴリャンチコフによる手記という体を取り、ゴリャンチコフの視点から数多の服役囚の...
3. 海外文学

ドストエフスキー 『地下室の手記』

※ 画像をクリックするとAmazonの商品ページに遷移します ドストエフスキーが大文豪へと飛躍する上での出発点に位置付けられると言われる作品。故にドストエフスキーを味わい尽くすに読むべき作品であり、また恐らくこの作品を好む...
3. 海外文学

ドストエフスキー 『罪と罰』

※ 画像をクリックするとAmazonの商品ページに遷移します 恐らくは日本で最も有名なドストエフスキーの作品であり、5大長編の1つ。プロットが個人の心象のレベルを超えない点が(言い方悪いですね。個人の心象にフォーカスしてい...
3. 海外文学

ドストエフスキー 『悪霊』

※ 画像をクリックするとAmazonの商品ページに遷移します ドストエフスキーの後期5大長編小説の1つ。実際にあった「ネチャーエフ事件」を元に、革命運動とその裏側にある破壊性、無生産性を描いた作品である。 しかし、こ...
3. 海外文学

ロマン・ロラン 『ジャン・クリストフ』

※ 画像をクリックするとAmazonの商品ページに遷移します フランスの作家ロマン・ロランにおける代表作となる長編作品。音楽家である主人公ジャン・クリストフの生涯を描いた作品だ。 全編がヒューマニズムで彩られた高貴な...
タイトルとURLをコピーしました