2020-10

4. 社会科学

書評:アリストテレス『政治学』

万学の祖と呼ばれるアリストテレスは、政治をどのように考えたのか?
3. 海外文学

書評:ヘッセ『知と愛』

理性と情は果たして共存できるのか?
4. 社会科学

書評:岩井克人『会社はこれからどうなるのか』

論客的経済学者が考える会社論とは?
2. 日本文学

書評:夏目漱石『行人』

「死ぬか、気が違うか、それでなければ宗教に入るか」・・・。生きる意味を問い続けなければならなかった青年の顛末とは?
3. 海外文学

書評:プーシキン『太尉の娘』

ロシアの文豪達が挙って称えるプーシキン。果たしてその理由はどこにあるのか?
5. 人文科学

書評:プラトン『国家』

プラトンによる国家の「正義」と「国体論」を巡る哲学的考察
タイトルとURLをコピーしました