2020-11-09

3. 海外文学

書評:シラー『群盗』

仁義や忠義、姦計の猜疑心、一途な愛の巧みな複層性とクライマックスにおける集約が見事な戯曲
3. 海外文学

書評:メリメ『カルメン』

盲目的な恋の虜となるその果てにある悲劇とは?
3. 海外文学

書評:モリエール『タルチュフ』

人の不安につけ込む偽善者の巧妙な手口とは?
2. 日本文学

書評:夏目漱石『草枕』

磊落と隠逸のアンビバレントな魅力を携えた女性の美しさの本質とは?
2. 日本文学

書評:森鴎外『青年』

青年期のロゴスとパトスに揺蕩う葛藤に見る「青年らしさ」とは?
3. 海外文学

書評:フローベール『ボヴァリー夫人』

誰もが陥りかねない「ボヴァリズム」という病いとは?
タイトルとURLをコピーしました