2020-11-15

3. 海外文学

書評:ワイルド『サロメ』

聖書をモチーフとしたアヴァンギャルドな物語
9. 実用・ビジネス

書評:クレイトン・クリステンセン『イノベーションのジレンマ』

クリステンセンの名著より破壊的イノベーションを学ぶ
3. 海外文学

書評:バルザック『谷間の百合』

女性における愛と操、男性が求める恋と快楽、視座が変われば評価が変わる物語
2. 日本文学

書評:井伏鱒二『黒い雨』

原爆文学の記念碑的作品
3. 海外文学

書評:カフカ『審判』

常識が揺らぐ程のカフカの不条理な内心世界とは?
タイトルとURLをコピーしました