2020-11-16

3. 海外文学

書評:ジョージ・オーウェル『一九八四年』

オーウェルが描いたディストピア作品の金字塔
3. 海外文学

書評:チェーホフ『ワーニャおじさん』

歯車が音を立てて軋む人間関係
3. 海外文学

書評:モリエール『孤客(ミザントロオプ)』

人間が持つ性格の二面性への皮肉
3. 海外文学

書評:メルヴィル『白鯨』

これはほとんど鯨の解体新書か?
3. 海外文学

書評:チェーホフ『桜の園』

チェーホフから読み解くロシア農奴解放後の心境とは?
3. 海外文学

書評:バルザック『ゴリオ爺さん』

バルザックで考える「愛に過剰はあるのか?」
3. 海外文学

書評:モーパッサン『女の一生』

ある女の生涯に徹底的に悲劇を体現させた物語
4. 社会科学

書評:アーノルド・J・トインビー『現代が受けている挑戦』

歴史学における「文明史観」という流派とは如何なるものか?
3. 海外文学

書評:ゾラ『ナナ』

19世紀中葉のフランス下層社会における蠱惑的な娼婦の物語
3. 海外文学

書評:ゾラ『居酒屋』

ゾラが描く19世紀フランスの下層階級の姿
タイトルとURLをコピーしました