2020-11-17

4. 社会科学

書評:柴田純志『ウェストファリアは終わらない 国際政治と主権国家』

グローバリゼーションの時代における主権国家体制の行く末を主権国家の積極的評価の視点から考える
3. 海外文学

書評:シェイクスピア『ヴェニスの商人』

シェイクスピアにおける玉虫色の魅力を持つ作品
3. 海外文学

書評:ヘッセ『シッダールタ』

ヘッセが仏教に見た「全ては繋がっている」という世界観
3. 海外文学

書評:アレクサンドル・デュマ『三銃士』

『三銃士』に見られる史実に基づくリシュリューの政治手腕
タイトルとURLをコピーしました