2020-11-18

3. 海外文学

書評:トルストイ『復活』

ロシアの大文豪トルストイが見た人類史的アポリアと、そこに挑むための要件とは?
3. 海外文学

書評:ジェーン・オースティン『高慢と偏見』

イギリス文学上の高慢な女性が携えた魅力とは?
3. 海外文学

書評:D・H・ロレンス『チャタレイ夫人の恋人』

チャタレー事件で名を馳せた作品。その内容はエロ?それとも?
3. 海外文学

書評:トマス・マン『トニオ・クレエゲル』

自尊心の二面性を巡るトニオ・クレエゲルの苦しみの本質とは?
タイトルとURLをコピーしました