中村雄二郎 『悪の哲学ノート』

※ 画像をクリックするとAmazonの商品ページに遷移します

『術語集』で有名な日本の哲学者・中村雄二郎氏が、「悪」という概念の定式化・定義を求めんとする試論集といった著作である。

本著の後半半分は、前半で試みた定式化を活用してドストエフスキーの著作を読み解くという内容で構成されている。私が本著に出会ったのも、ドストエフスキーの書評を手当たり次第に読み漁っていた頃のことである。

語りたい結論が既に定まった位置からそこへ向かってファクトを積み上げていくような通常の著作とは違い、中村氏の試行錯誤がそのまま記述に表れている点が特徴的で、中村氏と共に思索を重ねていく楽しさがある。

反面、中村氏の教養の広さ故に話があちこちに飛んでいくような印象もあり、頭の整理が追い付かないという感想も持ったことを記憶している。

さて、「悪」の定式化についてである。

「悪」という概念は、伝統的形而上学においては「善の欠如」という間接的な定義しか与えられてこなかったとされる。反面、宗教などにおいては「悪」は存在感を伴った形で登場してきたが、それもあくまで象徴的な形でしかなく、「定式的」とは言いがたい。「定式的な悪」とはどのように規定されるべきか。これが本著のテーマである。

残念ながら今となってはあまり内容も覚えておらずきちんとした紹介ができないのだが、本著は私に多大なる影響を与えた。
私にとって何故この著作が思い出深いか。それは前述の通り中村氏の教養の広さに刺激をうけ、私自身の興味の幅、読書の幅を格段に広げてくれた著作だからである。

ビアスの『悪魔の辞典』を本著で知った。

以前書いたD・H・ローレンスの『アポカリプス論』(『黙示録論』)も本著で知った。

「グノーシス主義」を本著で知り、それに端を発し宗教社会学をかじった。

パスカルの「プロヴァンシャル論争」も本著で知り、ジャンセニズムやロシュフコーをかじった。

クリステヴァから端を発し、当時(一部で)流行していた『現代思想の冒険者たち』シリーズを読み漁った。

そして何より、ドストエフスキーの作品を周辺的人物から読み解くという手法は、バフチン以前に本著から学んだものである。

学生時代幸か不幸か、本著を軸に随分と興味があちこちに行き来したものである。時間も随分費やした。それがよかったのかどうかは今でもわからないが、間違いなく私の読書人生に大きく影響を与えた著作である。

本著自体はもう絶版だが、確か定本か中村氏の全集か何かに収められており、今でも読めるはずである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました