カフカ 『変身』

4.0
※ 画像をクリックするとAmazonの商品ページに遷移します

カフカでおそらく最も有名で、最も読まれているであろう作品。

ある朝主人公が目覚めると、虫の姿になっているという、一見奇妙なプロット。何故か一旦は家族に受け入れられ、そのまま生活を共にするのであるが、やがて家族から惨めな扱いを受けることになっていく。

非現実的な事象により人間の醜い側面が浮き彫りにされていく秀作である。
なんと言ってもわかりやすい。

もう20年以上も前に読んだ作品であるため、細部についての記憶はあまり残っていないが、強烈なインパクトのある作品であったことは確か。

色んな方がご感想を書かれており、再読したくなった作品の1つである。再読し、記事もアップデートしたいものである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました