4. 社会科学

佐々木毅 『政治学は何を考えてきたか』

※ 画像をクリックするとAmazonの商品ページに遷移します 私の尊敬する政治学者、佐々木毅先生の著作。今回は本著に関する直接的な感想ではなく、政治学に係る個人的な考えの整理を綴ってみたい。 政治学は社会科学である。...
3. 海外文学

カフカ 『城』

※ 画像をクリックするとAmazonの商品ページに遷移します 私が最も好きなカフカの作品である。こう言えば如何にも奇を衒ったように聞こえるだろうか。正直私もそう思う。 『変身』などよりはるかに奇妙な作品である。人によ...
5. 人文科学

ジョヴァンニ・ピコ・デッラ・ミランドラ 『人間の尊厳について』

※ 画像をクリックするとAmazonの商品ページに遷移します イタリア・ルネサンスを代表する大思想家である、ピコ・デラ・ミランドラの、必ずしも代表作ではないが最も有名な著作。 元々はピコが企図した討論会の演説文として...
4. 社会科学

ウィリアム・E・コノリー 『アイデンティティ\差異 -他者性の政治-』

※ 画像をクリックするとAmazonの商品ページに遷移します 本著は、私にとって非常に難解であった記憶が残る著作である。ここまでの読解困難さは、カント『純粋理性批判』や柄谷行人『トランスクリティーク -カントとマルクス-』...
2. 日本文学

中上健次 『地の果て 至上の時』

※ 画像をクリックするとAmazonの商品ページに遷移します 本作は、『岬』、『枯木灘』の続編に当たる、中上健次の長編小説である。(是非両作を読まれたあとに読むことをお勧めする。) 本作に対する評価は賛否あるのだが、...
3. 海外文学

カフカ 『変身』

※ 画像をクリックするとAmazonの商品ページに遷移します カフカでおそらく最も有名で、最も読まれているであろう作品。 ある朝主人公が目覚めると、虫の姿になっているという、一見奇妙なプロット。何故か一旦は家族に受け...
3. 海外文学

デュマ・フィス 『椿姫』

※ 画像をクリックするとAmazonの商品ページに遷移します アレクサンドル・デュマの私生児であるデュマ・フィス(所謂小デュマ)の作品。 青年アルマンと娼婦マルグリットの清廉で且つ悲しい恋物語である。第デュマの痛快な...
5. 人文科学

中村雄二郎 『悪の哲学ノート』

※ 画像をクリックするとAmazonの商品ページに遷移します 『術語集』で有名な日本の哲学者・中村雄二郎氏が、「悪」という概念の定式化・定義を求めんとする試論集といった著作である。 本著の後半半分は、前半で試みた定式...
2. 日本文学

中上健次 『枯木灘』

※ 画像をクリックするとAmazonの商品ページに遷移します 戦後生まれ初の芥川賞作家であった中上健次の作品。 大学時代、読書数が既に4000冊超という恐ろしい読書家の先輩に「日本の作品なら中上を読んでおけば」と勧め...
3. 海外文学

アレクサンドル・デュマ 『モンテ・クリスト伯』

※ 画像をクリックするとAmazonの商品ページに遷移します 邦題『巌窟王』としても知られる、アレクサンドル・デュマ(所謂大デュマ)の代表作品。 姦計により投獄されたエドモン・ダンテスが、20数年ののち脱獄に成功し、...
タイトルとURLをコピーしました